噂の据え置き型浄水器

ウォーターサーバーを比較する方法

現在では様々なメーカーがウォーターサーバーを販売しています。数多くある商品のなかから選ぶ際のポイントとしては、まず水の種類を確認する必要があります。水の種類には天然水、RO水と分けられます。RO水というのはろ過水を意味し、RO膜と呼ばれるフィルターでろ過された純水に近い水です。

RO水の方が価格は安くなります。価格だけで決めてしまうと実は天然水ではなくRO水だったという事になりかねる為、先ずは自分が飲みたい水の種類を確認しましょう。天然水を選ぶ場合、水の採水地と特徴を比較することはとても重要です。水の採水地はウォーターサーバーメーカーによって様々で、静岡県御殿場市、山梨県富士吉田市、長野県大町市、大分県日田市などの採水地が挙げられます。

どの地域の水が良いかわからないという場合は、それぞれの水の特徴を知ると良いでしょう。例えば、コスモウォーターでは3種類の水が提供されており、静岡富士の響きであればバナジウムが含まれる弱アルカリ性、大分日田の誉はがんの予防にも良いとされるゲルマニウムを含有、また京都古都の天然水は硬度30の軟水などそれぞれの特徴で比較することができます。大型の量販店に行けば、ウォーターサーバーが展示されている店もありますので、各種類の水を実際に飲んでみて比較することもできます。自分の飲みたい水が決まれば、水の値段、電気代、デザインなどを比較しレンタルするウォーターサーバーを決めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *