噂の据え置き型浄水器

浄水器に使用されている逆浸透膜

水道水には有害物質がいろいろ含まれている可能性があるので、それらを除去するために様々な浄水器が販売されています。活性炭や逆浸透膜などのフィルターを使い、その中を通水させることで有害物質を除去していく仕組みになっています。逆浸透膜というのは、水分子だけを透過させることができるフィルターです。これにより、有害物質を除去することができるようになっています。

逆浸透膜の表面や内部で有害物質を阻止し、濃縮して排出していきます。当然のことながら、使用し続けていくうちに、だんだんと逆浸透膜の表面が有害物質や様々な不純物で詰まってきます。すると、逆浸透膜が金属イオンなどによって劣化し、フィルターとしての性能が落ちてきますので、新しいものと交換しなければなりません。逆浸透膜の寿命については、浄水器メーカーによって違います。

また、使用している水道水の質や水圧、水温などによっても左右されます。多くの浄水器で最初に粗処理のフィルターがあり、次に活性炭、最後に逆浸透膜を使っていますが、これはフィルター全体の寿命を延ばすのが目的で、このような順番の配置になっています。つまり、逆浸透膜を最終的な有害物質の除去処理の役割を持たせて、それ以前に活性炭や粗処理のフィルターで、できるだけ有害物質や不純物を除去してしまおうという考えですね。浄水器の浄水性能や寿命はメーカーによってかなり異なるため、購入する際にはよく比較することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *