噂の据え置き型浄水器

浄水器のフィルターに使用される活性炭

浄水器に使用されるフィルターには、水道水の中から有害物質や不純物を取り除くために、活性炭が使われています。活性炭について説明すると、まず次亜塩素酸の分解触媒としての効果があります。少しずつ次亜塩素酸と反応しながら失われていきます。また、同時に、次亜塩素酸が不純物と反応して発生する発がん性物質であるトリハロメタンやジオスミンなど、様々な有害物質や不純物を吸着する効果があります。

活性炭の効果の持続性は、通水した量や時間に比例しますが、水の中に含まれる有害物質や不純物が多ければ多いほど、早くその効果がなくなります。つまり、活性炭が有害物質や不純物を吸着し切った時点で寿命ということです。有害物質や不純物の吸着量が多くなると、水の出が悪くなってきたり、色が真っ黒に変色していくのでわかります。また、勿体ないと思って、ぎりぎりまで長期間使用するのは良くありません。

というのは、だんだんと細かい孔の中に微生物が増殖するようになるからです。これだと何のための浄水器であるかわからなくなってしまいます。活性炭の寿命、すなわち吸着量は浄水器のメーカーによって、あるいは製品によって違います。浄水器を選ぶときには、活性炭の寿命はどれくらいなのか、またその寿命に対して価格はいくらなのかなどをメーカーごとに比較してみると、コストパフォーマンスの違いがわかります。

もちろん、寿命だけではなく、有害物質や不純物を除去できる性能も違いますので、合わせて検討する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *