中古車を売買するときに、車種、年式、走行距離などで金額が異なってきますが、もうひとつ重要なポイントがあります。それは売買する時期です。高く売りたい、安く買いたいと思う人は、売る時期・買う時期を変えるだけで、数万円~数十万円お得に取引することも可能ですので、ぜひポイントを抑えておきましょう。まず、中古車の需要が高まる時期には相場は高くなります。

2月~3月は新卒の新社会人などが車を購入するため相場は高くなり、4月~5月はその反動で相場は安くなります。また、ボーナスの支給後にも購入者が増えるため、7月や12月頃にも相場が高くなります。特に2月~3月はメーカーやディーラーが決算期を迎えるため、新車の価格を下げる傾向にあり、新車を購入する人が乗っている車を手放すことが多いため、中古車市場も活発に動きます。高く売りたい人は2月~3月が狙い目、安く買いたい人は4月~5月が狙い目です。

中古車の査定サイトで相場をチェックすることができるのですが、売りたい車のメーカーや車種、年式などを登録すると定期的に現在の売却相場をメールで送ってくれるサイトもあります。同じ車であっても、時期が変わると売却価格も数万円単位で変わってきます。持っている車をいつ売ろうかと考えている人は、そういったサイトに登録しておき、売却価格が高くなったタイミングで車を手放すというのもお得に売却する一つの手です。売却先によっても価格は変わってくるので、いくつか比較検討することも重要なポイントです。