中古車を購入する際にはいくつかのポイントを押さえて購入する事が大事です。中古車は新車と異なり、同じ車種でも状態が異なるのが特徴的です。具体的には外装の傷、内装の傷、整備歴、走行距離、車検残、内外装のオプション品の有無、など車によって様々となります。その為、車種が同じであっても状態が異なる為、しっかりと車を見極めないと後々、困ってしまう場合があります。

特に、中古という特性上、新車とは異なり故障が付きまといます。経年劣化によるものや過走行によるもの、整備不良によるものなど様々な要因によって発生する為、購入時においてはなるべくそれらが良好な状態の個体を購入する事がポイントとなります。良好な状態の個体を選ぶにあたり、重要なのが年式と走行距離です。一般的な走行距離は1年に1万キロとされています。

その為、購入する車体が1年、1万キロ以上の個体である場合、一般的に過走行となっており距離に応じた故障もしくは交換部品の発生が生じてきます。また、1年、1万キロを大幅に満たしていない場合も要注意です。走行距離があまりにも少なすぎる場合、いわゆるチョイ乗りがメインと想定され、車にとってはチョイ乗りは過酷な環境に置かれる為、機関内部が思って以上に痛んでいる場合もある為、注意が必要です。そして、整備履歴がある個体が重要です。

定期点検の記録簿がしっかりと残っている場合は、ある程度メンテナンスをされてきた車両であると想定されるため、このような車両は比較的良好である為、中古車を選ぶ上で大切なポイントとなります。