250ccクラスのバイクは排気量が中途半端で面白味に欠けるというイメージを持たれる場合がありますが、実は扱いやすい車格に街乗りからツーリングまでこなすパワーがあり、なおかつ車検が無いため維持費が安いといった事もある排気量です。現行車ではラインナップも少なく個性にも欠ける印象がありますが、一昔前の世代の中古市場では多くのモデルが流通しています。中でも現行車では見ない250cc4気筒モデルは以前はどの国内メーカーでも製造していた為タマ数も豊富で、ある種独特の走りを楽しむ事が出来ます。250cc4気筒はどの車種も高回転型のエンジンで、中には2万回転まで回るモデルもあります。

こうしたバイクには回して得る加速感と快感がありこうした感覚は2気筒が主流の現行車では味わえないもので現在は中古車限定となっています。また250ccクラスのバイクで中古車として探す事が出来るモデルには小さいけれど作りは本格的なアメリカンモデルがあり、足つき性や車格から女性のライダーの方におすすめです。速さを求めるのであればこれも中古車でしか購入できない2ストローク車、特にレーサーレプリカを選べば戦闘力は400cc並がそれ以上の速さを得る事が出来ます。このように面白味に欠けると思われがちな250ccのバイクですが、中古市場に目を向ければ個性的なモデルが多くあり、入門用にはもちろん、ベテランの方でも楽しめるラインナップとなっています。

中古のトラックのことならこちら