節約のために新書ではなく古本を積極的に買い揃える人々がいらっしゃいます。最近の古本はしっかりとクリーニングされており、店主がきちんと傷や痛みを直してくれます。もちろん新書に比べて中古特有の使用感が見て取れますが、読むだけなら古本で十分です。新書が、安くても一冊1000円前後するのに対して古本であれば、一冊高くても250円から500円と破格の値段になります。

古本と同様に近年では節約のために、中古のバイクを積極的に探す若者が現れました。理屈はほとんど古本と同じであり、近年の中古車は販売店が丁寧にメンテナンスしてくれていますので、値段が安いにも関わらず実用性が高いです。バイク本体に使用感が見られますが、元々実用品であるバイクなら多少、傷や汚れがあっても、肝心のエンジンがしっかりと稼働していれば満足する事が出来るでしょう。移動手段として純粋に利用するなら、それこそ古いデザインのものでも全然問題はありませんし、同じ額のお金を出すと仮定すれば、新車よりも中古車の方がワンランク上のスペックのマシンが買えます。

中古車と言えども、信頼出来るオーナーのお店で購入すれば、メンテナンスもバッチリ施されていますので、安心してユーズドのマシンに乗れるでしょう。困った事が出来ても、オーナーと顔見知りであればバイクのお手入れを気軽にお任せ出来ますし、ユーズド製品でも、お店によってはメンテナンスの保証が無料が付きますので、コストパフォーマンスは非常に高いです。