中古バイクのメリットは、新車に比べて価格が安く少ない予算で選べる車種が多くあり、納車までの期間が短いので、購入後はすぐに乗る事ができ、慣らし運転や初期故障の心配が不要となります。また、生産が終了している絶版車や旧車などが販売されているので、最新のバイクでは味わえない世界観が満喫できたり、所有している優越感があり、多少の傷付きや転倒などでも中古車なので精神的なダメージは緩和され、気を遣わなくて気軽に乗れます。中古バイクのデメリットは、前のオーナーがどうのような運転の仕方や管理、整備など不明な点が多く、外装が奇麗でもエンジンやトランスミッションなどの動力系の状態が見た目では分からないので、ある程度の知識と経験が必要になり、コンディションの悪いバイクの場合は頻繁に修理をするので費用が掛かり、数十年が経過したバイクは、メーカーで行っている補用品の生産は終了している可能性が高く、保管期間も過ぎている場合があるので、故障した時のパーツ入手が困難な場合があります。また、メーカーで受けられる保証は適用外となる場合が多く、リコールなどが発生した場合はダイレクトメールが届かない可能性があるので、自分で調べて直接ディーラーと対応する必要があります。

販売店によっては、修復歴や走行距離など隠ぺいしている場合があるので店選びが重要になり、あまり値段が安いからといって即決してしまうと、多くのデメリットを抱える結果となる場合があります。