配送車両としてトラックなどを使用している場合には、一般的にはその外観は会社のイメージカラーにとどめることが少なくありません。トラックの場合にはその面積が大きく塗装に多くの費用を費やしてしまうことや、自動車の塗装は簡単に塗り変えると言うことがなかなかできないため、常に共通的に利用できるものとすることが多いのです。しかし配送車両は常に街中やいろいろなところを走行するため広告宣伝の効果が高いことが見直されており、この資料を効果的に広告宣伝に使用したいと考えている企業も増えているのが実態です。ラッピングは自動車のボディにあらかじめ印刷されたシートを貼り付けるだけで簡単にその外観を変えることができる方法として注目されています。

このシートに広告宣伝を行いたい商品の写真やその説明を印刷することで、配送車両を広告宣伝の媒体として効果的に利用することができるのです。さらにラッピングのメリットは簡単に張り替えることができると言う部分にあるため、短期間で新たな商品やその他の広告宣伝を行う際にも非常に適しています。これまでは配送車両を広告宣伝に使うためには多額の費用がかかると考えられていましたが、ラッピングを使用することで少ない費用で効果的に利用することができるのです。さらに配送車両を塗装する場合には自ら車両を購入しなければなかなか塗装することができなかったのですが、ラッピングであれば剥がして元に戻すことが簡単にできるためレンタカーを利用することも比較的簡単になると言うメリットもあります。