ラッピング配送車両とは広告を配送車両に貼り付けた車のことです。小型の車からトラック、バスなど様々な配送車両で用いられています。ラッピング配送車両は最近目にすることが多くなったと感じる人がいるかもしれません。その通りで、近年新しい宣伝広告として注目されています。

ラッピング車は1970年代からありましたが、当時は車に全面塗装が必要だったため高価なものとなり、それほど普及していませんでした。流れが変わったのは1990年代の「フィルム」の登場です。フィルムは自由に切り貼りができて、費用が安価に抑えることもでき、ラッピングを一気に手軽なものにしました。加えて、2000年代には東京都で当時赤字に悩んでいた都営バスの回復策として路線バスに広告を貼付することが提案され、それがマスコミを通じて大きく報道されることで企業から注目を集めます。

現在では企業の宣伝から商品のプロモーション、TV番組の宣伝や映画広告など多様な活躍を見せています。さて、ラッピングするにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。料金にはデザイン費、ドライバーの人件費、燃料代、そして道路使用許可申請費などが必要です。これをすべて含めると一日にかかる費用は大体10万円~30万円と言われています。

加えて、人通りの多い地域によって費用は前後します。不特定多数の人に直接宣伝できるので、費用対効果は高いと言われており、街中で見ると思わず目を奪われてしまいます。