各店舗やターミナルを行きかう配送車両に社名やイラストを描いている車両があります。一般的に社名などを配送車両に入れる場合にはその部分だけカッティングシートと呼ばれるシールを張り付けます。配送車両の後ろのボディーにペイントする場合にはエアブラシと呼ばれる道具で描き、この場合には塗装する事になります。社名のシールを張った場合そのシール部分は日に焼けません。

塗装した部分は元に戻す場合には再度塗りなおす必要があり、費用が掛かってしまいます。そういった日焼けや再塗装の手間を省くことが出来るのがラッピングです。ラッピングとは車のどの部分にも貼る事の出来るフィルムを貼り付け、車のボディーには一切気付つけることなく色を変えたり、社名や絵を描くことが出来るもので、気に入らなくなった場合にはラッピングを剥ぐ事でラッピング前に戻せます。天井部分やボンネット部分に施工する事で日焼けを防ぎ、車を売却する際に高値で引き取ってもらう事も夢ではありませんが、配送車両で配送先が変わったり、ちょくちょく荷台に書いている広告を書き換えるという車両にもお勧めで、車両を傷めず簡単に取り換えられるのが特徴です。

メンテナンスは必要で、撥水性の高いシャンプーなどでしっかりと洗う事で効果は長持ちしますが、メンテナンスが行き届いていないと傷みも早くなってしまいます。しっかりメンテナンスして大事に乗る事で車両も社名も綺麗なままで更に乗り換え時にもお得になります。