夏になると半袖やTシャツでバイクを運転している人をよく見かけます。車と違ってエアコンがないバイクは暑いので半袖で運転したくなる気持ちは痛いほど分かりますが、それはとても危険なことなのです。事故や転倒した時に肌がむき出しだと大怪我になる可能性がとても高いですし、黴菌や異物が傷口に入って大変なことになります。どんな状況であっても長袖を着用するべきです。

更に言うなれば、バイクに乗る時はライディングジャケットを着るのがライダーとしのマナーである自己防衛の基本なのです。各メーカーから販売されているライディングジャケットは様々ですが、やはり身を守るという事が大前提なのでちゃんとプロテクターが入っているジャケットが好ましいです。プロテクターは背中(脊髄を守る)、胸部、肩、肘、などに入っているものがベストです。もちろん、それだけ重くなりますし、夏はいくらメッシュジャケットといってもプロテクターの部分は正直、暑いです。

しかし、大怪我をすることを考えれば多少の我慢は必要です。余談ですが、夏のツーリングで休憩場所や目的地でジャケットを脱いだ時の爽快感はたまりません。また、今は高機能のインナーシャツも販売されていますので併せて着ると効果があります。また、インナーが半袖の場合、腕が汗をかいてジャケットが脱ぎにくくなったり、走行中に不快感を感じることがあります。

そんな時は安価でアームカバーという物がありますので、使用するとをお勧めします。暑い夏は薄着になりがちですが、自分の身を守るために創意工夫をしてくださいね。中古トラックの販売のことならこちら